塗装後の磨き

塗装後の磨きを紹介しまーす('ω')ノ

[if IE]><meta http-equiv="imagetoolbar" content="no" /><![endif] All in One SEO Pack 2.3.11.1 by Michael Torbert of Semper Fi Web Design[407,438] /all in one seo pack Fancybox for WordPress END Fancybox for WordPress

板金塗装後の磨きの目的は、艶を出すためではありません。 塗面の上に付着した小さなゴミの除去と塗装の肌調整のためです。 ゴミ付着ゼロが理想ですが、塗装ブースの中での作業でも極々小さなゴミは付着してしまいます。EndFragment

塗面の上に付着した小さなゴミを2000番→3000番のペーパーで

削って除去していき、同時に塗装面の肌調整も行います。

磨きはポリッシャーで行います。

まずはシングルポリッシャーで、ブツ取りや肌調整でつけた

3000番のペーパー目を除去していきます

磨き途中...

一見きれいに見えますが

メタルハライドランプをあてると...

[if lt IE 9]><![endif]ga/gaheadBottom

StartFragment(メタルハライドランプとは太陽が出ている昼間の明るさに近い  光の作り出せる光源です。  蛍光灯やハロゲンランプとはとは違う光の波長の為

 傷を確認し易いです)

3000番のペーパー目は除去できていますが、

ポリッシャーのバフ目、オーロラマークと呼ばれる研ぎ跡が残っています。

このオーロラマークというのが、特に濃色車の磨きでは曲者で、光の種類や光の当たる方向などで見えたり見えなかったり、

昨日は見えていなかったのに、今日は見えたり等々、毎度苦労させられますハイ(-。-)y-゜゜゜

ポリッシャーをダブルアクションに変えます。

(このルペス ビッグフットのポリッシャーのおかげで、濃色車の磨き時間が

 かなり短縮できるようになりました。)

粒子の異なる数種類のコンパウンド、研磨力の異なる数種類のバフを組み合わせて、磨き上げます。

チビちゃんも使いながら...

そして完成。

...のはずが、

この後...

外に出し太陽の下で確認すると

オーロラマークのあるところが

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

その部分をもう一度磨き直し

そして今度こそ完成!

塗装と磨きをして、いつも思う事。

太陽の光って凄い!( ゚Д゚)

代わりのものはない!

日々修行です ('ω')ノ

そして…

おまけです(笑

ツイてるヨ!

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

TEL/FAX 0574ー26ー2963

〒505-0023 岐阜県美濃加茂市野笹町 1-4-5

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。