ロッカパネルの鈑金

アルトの右ロッカパネルの鈑金修理です。

イラストの 「J」 の部位で、運転席足元の部分になります。

  上から見ると「への字」に凹んでます。

この部分は袋になっており、中からハンマーなど

で叩き出すわけにはいきません。

外側から引っ張ってへこみを復元します。

専用のワイヤーを溶植(溶接)して、

それを足掛かりに引っ張りだします。

まず溶植(溶接)する箇所を、塗装の上からは直接溶接できない為、

塗装をサンダーで剥離します。

溶植したワイヤーをタワーで引っ張り、粗出ししていきます。

今回のように、損傷範囲が大きく、範囲も広い場合、まず全体を

大きな力でもとに近い状態まで戻し、その後で細部の修正を

行っていきます。

鈑金後、パテを塗る前に、鉄板の出ている部分と塗装面の境目に

段差がでないように、なだらかに削って足付けをしていきます。

(段差がある状態でパテを塗ると、仕上がった時にパテ跡が出たりします)      

パテを塗って研いでを繰り返し、平滑に仕上げていきます。

サフェーサーのとこ、撮り忘れちゃいましたが...  (〃▽〃)ポッ)

このあと、サフェーサー ➡ 塗装・・・ となります。

ありがとうございました(^^♪

タグ:

特集記事
最新記事